医療法人社団 形成会 酒井形成外科 / 美容外科・美容皮膚科・形成外科 / 東京都豊島区 / JR大塚駅から徒歩1分
美容外科/美容皮膚科の診察予約

酒井形成外科で行っているフェイスリフト

酒井形成外科でのフェイスリフト手術の概要

酒井形成外科でのフェイスリフト手術は、Dr.ダニエル・ベーカーの手術法をモデファイしたものです。
麻酔は、全身麻酔1日入院が原則です。長時間の手術では患者さまの精神的、肉体的安静のために全身麻酔は必須事項でしょう。全身麻酔後は、1日入院して術後管理をしっかり行う事が常識となっています。

皮膚切開は、その後の傷痕が目立たないようにデザインします。特にこめかみの変形には注意をはらいます。
その上で効果がしっかり出るように、皮下はとても広い範囲で剥離します。SMAS下はあえて剥離しません。顔面神経や耳下腺の保全のためということもありますが、現在ではSMASを剥離して、それをつり上げる事の効果に疑問があるためです。

また、深部リガメント(ディープリテイニングリガメント)も切離しません。むしろ、これらの付着部位より法令線側のSMASを切除するか、縫縮することでSMASとともに顔面皮膚のつり上げを行います。
深部リガメントは、SMASを超えるとレティナキュラークティスという線維が皮膚に到達しています。これをSMASの上でしっかり切離し、SMASに残った深部リガメントを張力の支点として利用する術式を採用しています。(Dr.ダニエル・ベーカーのSMAS切除、縫縮法)

これに加え、伸張させた顔面の皮膚を皮下で骨膜や腱膜(ファスキア)に固定することにより、リフティング効果を高めます。(ステイ縫合法)
その結果、出てきた余剰皮膚は切除します。

縫合は、私達形成外科専門医の真骨頂です。最善の丁寧さで細かく皮膚を縫合します。この結果、術後1年で傷痕が殆ど分からなくなる方も多いのです。

フェイスリフト手術直後の様子 ドレーンが挿入されている
手術直後の様子 ドレーンが挿入されている

手術直後は、吸引ドレーンの挿入と包帯圧迫をしっかり行います。ドレーンは、退院時(術後の翌日)に抜去し、包帯は3日後くらいで解放します。

広く剥離することはフェイスリフトでは大切なことですが、術後に、剥離された空間に体液が溜まったり、リフティングした皮膚が後戻りしては折角の手術が台無しになってしまいます。

したがって、体液を排出できるドレーンの留置と3日間程度の包帯圧迫は、術後ケアーとして省略できない大切な事なのです。


ハムラ法を代表とするSMASつり上げによるフェイスリフトとは?

私の考えでは、米国では1990年代中期から後期にかけて、フェイスリフトはハムラ法が最も優れていると考えられていたと思います。ただし、顔面神経への影響等を考慮し、もう少し抑えた形を採用している施設が多かったのではないでしょうか。日本では、2000年代中期までハムラ法が信奉されていたように感じます。
さて、ハムラ法に代表されるSMAS法のフェイスリフトとは、次のようなものでした。

  • 皮下剥離はやや狭い範囲で行い、むしろSMAS下の剥離を主要としていた。
  • 深部リガメントを切離し、SMASは奥まで剥離が進められた。
    深部リガメントを切離し、SMASは奥まで剥離 リガメントをSMASの下で切断する
  • SMASは、斜め上方向に牽引され頬骨や頬骨弓に固定された。
    SMASを斜め上方向に牽引さし、頬骨や頬骨弓に固定
    SMASを斜め上方向に牽引さし、頬骨や頬骨弓に固定
  • 皮膚は、現在の方法と異なり斜め上方向に牽引された。それがゆえ、いわゆるフェイスリフト顔といわれる特有の顔貌になることがあった。
    いわゆるフェイスリフト顔といわれる特有の顔貌になる原因

確かにこれらの手術法はとても難しく、また慎重に行っても副作用が出ることがありました。また、手術時間も7〜8時間に及ぶため、術者の心的負担も大きかったと思います。
これらの手術の改善点としては、次のことが考えられていたと思います。

  1. 顔面神経障害の防御、または耳下腺への影響の防御
  2. フェイスリフト顔変形への改善
  3. 手術手技の簡易化
  4. 手術時間の短縮
  5. その他

フェイスリフトの症例

フェイスリフト症例1 術前写真01

術前

フェイスリフト症例1 術後写真01

術後


フェイスリフト症例1 術前写真02

術前

フェイスリフト症例1 術後写真02

術後


フェイスリフト症例1 術前写真03

術前

フェイスリフト症例1 術後写真03

術後


フェイスリフト手術の実際

手術のデザイン

フェイスリフト手術は、広範囲の皮下剥離が最も大切なことです。皮下剥離が行いやすく、しかも傷痕が目立たないようなデザインを考えます。

もみあげは上方に移動しますが、耳に近づき過ぎないように注意をします。

耳介前方は、傷痕が耳の穴の中に隠れるようにデザインを進めます。耳たぶ(耳垂)が引っ張られて変形しないようにするためには、耳介後部での皮膚のつり上げ固定をしっかり行う事が大切です。

フェイスリフトの手術デザイン
白の点線は耳の後ろ側になる切開予定線を示しています

皮下剥離を行う

デザインに沿って皮膚に切開を入れた後、皮下の剥離はできるだけ広範囲に行います。

SMAS上を正確に剥離するため鈍的剥離を行います。
剥離棒は、むやみにSMAS下には届かないため、SMAS上の皮下脂肪層を正確に剥離することができます。

デザインに沿って切開を進めます
デザインに沿って切開を進めます

SMAS上を正確に剥離するため鈍的剥離を行います
SMAS上を正確に剥離するため鈍的剥離を行います
剥離棒でSMAS上の皮下脂肪を正確に剥離していきます
剥離棒でSMAS上の皮下脂肪を正確に剥離していきます

続いて、はさみによる鋭的剥離を行います。

この操作では、顔面神経や耳下腺に直接触れることがないため、顔面神経損傷や耳下腺損傷の危険性が殆ど無くなるのです。
酒井形成外科の手術法では、Dr.ダニエル・ベーカーの手術法にならい、SMAS下の剥離は行いません。
深部リガメントの切離は、顔面神経の障害を惹起する可能性があります。

また、深部リガメントの切離無しには、SMAS下の剥離は無意味と考えられるためです。
むしろ、深部リガメントを法令線やジョウル(マリオネットライン)矯正の支えとして利用する事を考えに入れます。

ただし、SMAS 上から皮膚に向かう深部リガメントのネットワークは、レティナキュラークティスとよばれ、これを皮下で切断することでリガメントの皮膚への影響を無くし、中顔面皮膚の伸張を促します。

はさみによる鋭的剥離
はさみによる鋭的剥離

深部リガメントの切断レティナキュラーティクスの切断

深部リガメントは、下方でSMASを支えています。この上では、レティナキュラークティスとなり細かな線維としてさらに上にある皮膚を支えています。

SMASの上で、このレティナキュラークティスを切断します。


SMASを深部リガメントで支えるように縫縮深部リガメントの縫縮

深部リガメントより奥に伸びるSMASを深部リガメントで支えるように縫縮(ほうしゅく)します。


SMASプリケーティングを行う

SMASは、深部リガメントの発生部位で縫縮(ほうしゅく)して張力を回復させるようにします。使用する糸はやや太めの吸収糸(PDS糸)を使用します。
この操作により、以前SMASつり上げやリガメント処理といった煩雑で危険を伴う処置と同等の事が行えます。
すなわち、法令線やジョウル(マリオネットライン)あるいはミッドチークラインの改善に大きな貢献をもたらすのです。

近年、Dr.ダニエル・ベーカーが考えた概念に基づいています。

Dr.ダニエル・ベーカーのSMASプリケーティングの概念1
SMAS下には、顔面神経の枝があるためSMASの下は剥離しない Dr.ダニエル・ベーカーのSMASプリケーティング
① SMAS下には、顔面神経の枝があるためSMASの下は剥離しない

Dr.ダニエル・ベーカーのSMASプリケーティングの概念2
皮下を広大に剥離Dr.ダニエル・ベーカーのSMASプリケーティング
② 皮下を広大に剥離
Dr.ダニエル・ベーカーのSMASプリケーティングの概念3 
SMASを直接切除縫合する Dr.ダニエル・ベーカーのSMASプリケーティング
③ SMASを直接切除縫合する

頸部、あご下の引き上げには側頸部でのSMAS縫縮(ほうしゅく)を行います。
また、首回りやあご下の弛みは、耳介後部の皮膚切除とつり上げですっきり感を出します。

耳前部切開のデザインによる剥離範囲とSMASプリケーティングする位置耳前部切開のデザインによる剥離範囲とSMASプリケーティングの位置
SMASプリケーティングによる皮膚の移動方向SMASプリケーティングによる皮膚の移動方向

リティニングリガメントとSMASプリケーティング
リティニングリガメントとSMASプリケーティングの模式図

頬部のリテイニングリガメントは、頬骨の最も高い位置からエラの先端を通る直線上に並んでいます。その並び線を中心におおよそ3cmの幅でSMASを太い溶解糸で縫縮します。

頬部のリテイニングリガメントの位置
頬部のリテイニングリガメントの位置

SMASを太い溶解糸で縫縮
SMASを太い溶解糸で縫縮
SMASを太い溶解糸で縫縮
SMASを太い溶解糸で縫縮

ステイスーチャーリングをおこなう

剥離された皮膚を上方向に移動し骨膜や腱膜に皮下で固定を行います。

使用する糸は、ごく一部に非吸収糸を使用し、皮膚のつり上げを持続させます。その他の箇所には、太めの吸収糸(PDS糸)を利用します。

スティスーチャーリング(剥離した皮膚を上方向に移動)スティスーチャーリング(剥離した皮膚を上方向に移動)

形成外科的縫合法で徹底した丁寧さで表皮を縫合する

形成外科的縫合法とは、真皮縫合(しんぴほうごう)という皮膚の中を丁寧に、吸収糸を使って縫合することが基本になります。

表面の縫合は、皮膚の高さをぴったり合わせることに神経を集中させます。

形成外科的縫合法でのフェイスリフト術直後
形成外科的縫合法でのフェイスリフト術直後

皮下縫合(真皮縫合)をします

美容外科の最大のポイントは、皮膚の美しい縫合にあります。これには形成外科的縫合技術がとても大切です。そして、形成外科的縫合法の最大の特徴が皮下縫合(真皮縫合)です。皮下縫合を行う際にも溶解糸であるPDS糸を使用します。

細かく丁寧な皮下縫合が大切です。
細かく丁寧な皮下縫合が大切です。
皮下縫合(真皮縫合)が終了したところ
皮下縫合(真皮縫合)が終了したところ

表皮縫合を行います

概ね傷は皮下縫合(真皮縫合)でぴったり合わせていますが、さらに精密に傷を合わせるように表皮縫合をします。これによって微妙に傷の皮膚を合わせることができます。けっして皮膚接着剤(ダーマモボンド)は使用しません。 この努力によって、傷痕は殆んど見えなくなります。

傷口の皮膚どうしをぴったり合わせながら細い糸で表皮縫合をしていきます
傷口の皮膚どうしをぴったり合わせながら
細い糸で表皮縫合をしていきます
表皮縫合が終了した直後です
表皮縫合が終了した直後です

顔面皮膚への張力は、頬やこめかみ部位では垂直方向とします。頸部とあご下の部位は斜め上方向とします。
耳周りでは、傷痕を目立たなくさせるためと、耳垂の変形を防ぐために特殊なデザインを採用します。
これは、口角がひきつれしまうことや、目元が引っ張られるといったフェイスリフト特有のフェイスリフト顔になる事を防ぐ目的があります。

さらには、耳たぶが口元に引っ張られてしまうような変形とならないように注意をはらいます。
特に今までのデザインでは、もみあげが耳とくっついてしまうのはしかたがないといわれていましたが、酒井形成外科でのフェイスリフトデザインでは、もみあげが耳にくっついてしまう事をなるべく避けるように心がけています。
術後できるだけ自然な感じになるように細心の注意を払うのです。

もみあげが耳につかず自然な形態(現在のフェイスリフト手術後の顔)

以前は、剥離した皮膚やSMASを斜め上方向につりあげていたため、もみあげは耳介の前方にくっつき、目元や口元が特有のフェイスリフト顔になっていたものです。
これはけっして美しいとはいえません。

もみあげが耳にくっつく(フェイスリフト顔)

サクションドレーンの挿入

止血は十分に行いますが、それでも完全というわけにはいきません。手術後2〜3時間はじわじわとした体液の貯留が考えられます。
これを持続的に吸引するサクションドレーンは、術後の腫れの改善だけでなく手術の結果をさらに効果的にするための重要な要素だと考えられています。
フェイスリフト手術において、術後のドレーンは必須事項とされています。

術直後の包帯圧迫
サクションドレーンを挿入したところ
サクションドレーン
サクションドレーン

包帯を巻く

フェイスリフト後の包帯圧迫は、サクションドレーンの挿入と同様大切なアフターケアです。
ただし、以前のように1週間も巻きっぱなしという必要はありません。皮下の固定と安定がしっかりしてくる、術後2〜4日で十分です。

術直後の包帯圧迫
術直後の包帯圧迫
手術後第一病日(手術の翌日)の状態
手術後第一病日(手術の翌日)の状態

術後の経過

入院期間:1日
包帯固定期間:3〜4日
腫れが強い期間、内出血が出る可能性がある期間:2週間
概ね落ち着くまで:3〜4週後
傷痕が目立たなくなるまで:1〜2ヶ月
傷痕が完全に落ち着くまで:6〜12ヶ月

アフターフォロー


アフターケアにCET(高周波電気治療)が最適です。術後次の日から5回程度施術します。

退院直前の包帯交換時に高周波電気治療(CET)を行います。
これにより瘢痕(はんこん)ができにくく、また腫れが引きやすくなり、内出血の吸収を促進します。
退院後3〜5日に包帯を除去し、その日に洗髪、洗顔を行います。ご自分で消毒処置ができるように薬剤の処方とその方法をお教えいたします。
包帯除去後は、ご自宅で洗髪洗顔入浴が可能です。
術後7日と10日に抜糸を行うとともにCET治療を行います。術後1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月の検診を行い状態を観察します。


この手術の利点と欠点

フェイスリフト手術の利点

顔のたるみという老化問題については、化粧品やエステ、美容皮膚科的治療より非常に高い効果が期待できます。

フェイスリフト手術の欠点

なんといっても、比較的大きな外科手術を受けなければならないことです。
わずかですが、傷痕が残る事。滅多に無いとはいえ、合併症が否定できないことです。

患者さまからの声

酒井形成外科でフェイスリフト手術を希望した理由

患者さまよりいただいた声をご紹介させていただきます

当初、広告(最高技術の歌い文句、フェースリフト+脂肪吸引=59万円)に惹かれ、某美容外科へ電話したとき、いきなり手術日まで決められました。

カウンセリング時にフェイスリフト希望だと説明すると、医師の方は、いきなり、「GWに運良く予約がてとれてるのであなたはラッキーです。」と手術出来る幸運を強調する一言。こちらが質問しなければ、簡単な切る位置の説明のみで会話は終わったはずです。
挙句に頬の脂肪吸引もすすめられ(酒井先生は、こちらから聞いたから、説明してくださり結局やめましたよね)。10分程度のカウンセリングも、こちらからの手術後の不安に対する質問のみで、当然何に対しても心配なしとのお返事でした。仕事をあまり休みたくないと言うとじゃあ、抜糸を早めましょうとのこと。当然、入院もありません。
その場で手術の契約までしました(と、いうかうまく、契約させられていました)が、さすがに怖くなり、すぐに思い直してキャンセルして本当に良かったです。

その後、別の有名な某美容外科の診察室に入って顔を見るや否や、「君は、 本当にひどい状態。通常なら他の手段も薦めるが君の場合は、ひどいので手術しかないよ。」とオーバーアクションで言われました。
特に医学的な説明もなく(あったかもしれませんがまったく印象にありません)、100万以内に納めるようにやってあげるよの一言で具体的な金額の話もなく脂肪吸引もやりたいなら、やってあげるよと軽く言われ、喘息による問題の説明すらなく当然のように全身麻酔といわれ、SMASやリガメントの技術的な話もなし。以前の美容外科同様、切る場所の図による説明のみ。
こちらも結局、10分前後話をされた後は、若い先生にかわり手術日の調整のみ。技術は高いのかもしませんが、某美容外科と変わらないビジネスライクなカウンセリングでした。

あくまでも、今より、きれいになりたいというプラスアルファのつもりでしたが、その先生からは、まさに切らないと大変だという選択肢なしの切羽つまったアドバイスでした。
一番大事なのは、多少は期待した結果にならなくても、この先生にやって貰って駄目なら仕方ないという信頼関係であり、複数の病院から納得して評判の貴院を選ぶことが出来、結果的に満足しております。

【院長より】

こう言っていただいてとてもありがたく感じます。
クリニック選びは医師とのカウンセリングがとても重要です。納得いくまで主治医とは十分話し合いをしましょう。そして、主治医の治療に対する理論や倫理観はとても大切です。医師の治療説明がしっかりしていることがクリニック選びの基本ですね。

手術費用

項目 金額
(消費税別)
トータルフェイスリフト(こめかみ、側面、あご下、頸部、前額)全身麻酔・1日入院 200万円
セミトータルフェイスリフト(こめかみ、側面、あご下、頸部)全身麻酔・1日入院 150万円
側面リフト(ラテラール・ミニフェイスリフト)側面のみ 60万円
ネックリフト 60万円
前額、コメカミリフト(フォアヘッドリフト) 70万円
コメカミリフト(テンポラールリフト) 40万円
顔の脂肪吸引加算(頬・あご下等) 20万円
広頸筋寄せ(プラティスマプリケーション)のどのたるみ矯正加算 30万円

手術の詳細情報

施術時間 5〜6時間
施術後の通院 4〜5日後包帯除去。7〜14日後数回抜糸。
1ヶ月目、2ヶ月目、6ヶ月目に状態チェック
腫れについて 2〜3週間で内出血や大まかな腫れは引く。
完全に引くのは2〜4ヶ月
カウンセリング当日治療 不可
入院の必要性 必要
麻酔 全身麻酔または静脈麻酔
酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから